カオラックお節介日記(12月27日)

還暦編

2010年 12月22日

HOME

 降雨予想20%だったと云うのに、昨日は朝から晩
まで雨降り模様の鬱陶しい壱日であった

 今日の予想は東風9m、気温31度、降雨予想は
30%との事であるが、今年の天候はCRAZYなの
が困りものですね〜

 ちなみに、右の写真は一昨日ラノーンから戻って
来た夕暮れのものですが、わたしのお気に入りの
夕陽写真の1枚になりました

カオラックの天候

前回分

エミリー、再登場

 昨日の日記を読んで下さった方たちからメールを頂いた
「どんな感じの女性ですか?」等々
金満ショップの唯一独身のホスト長ゆえ気になるのでせうかね?

 私の初見を申しあげるとするならば・・・・
「噛み応えのあるマシュ
マロ」
かな〜(笑)  バニアン部落には色が黒く生活力旺盛過ぎる
タイ人女性が跋扈しているので、色白なうえにピンクのアンサンブル
を着用したエミリーは、妙にホワホワした感じに見えますが、日本の
会社で勤務しているので、中身は如何して如何してしっかりしている
と思います、良い意味でね!
  結婚や子供の事にしても、決して
いい加減な結論の出し方はしない女性だと感じました  大変良い
事だと、私は思います  これからの子供たちにこそ、正しい教育を
受けられる環境が大切だと思うからです  此処は地の果てだから

世界的な異常気象?!

 フランスは400年振りの大寒波、フランクフルトの空港は例年なら積雪10cmが昨日は70cmだったとの事
100年振りの寒波の時に巴里にいたが、滅茶苦茶寒かったのを記憶している  それ以上に寒い巴里は老人や
貧しい人たちには辛いであろうと推測できる  カオラックもなかなか乾季に切り替わらないし、何度も書いている
が、赤道の上昇と地軸のズレがかなりの気象変化を引き起こしているのであろう  欧羅巴の空港閉鎖が長引け
ば、タイへ来られる旅行客も減るのは目に見えている
 
 話は変わるが、日本では報道されてはいないと思うが、12月30日にスマトラで2004年以上の大地震が起きて、
カオラックへは以前より大きな津波が襲ってくる可能性があるとスミス博士と言うタイ人が予想している  2004年
の予想、今年7月のスマトラでの地震予想も当たっていたからと、近所のタイ人たちは如何しようと真剣に話して
いるようだ  欧羅巴でもその報道はされているらしいが、予想と言うより予言だろうと無視しているファランばかり
である  仮に津波に襲われても又もや生き伸びたら、BNAG NIANG PHOTOで被害をアップしませうかね!  

20日夕刻6時