Home

 

 

 

 

子連れ!シミラン諸島国立公園シュノーケリング
   1泊2日ツアー体験報告記
        2010年3月9〜10日

2010年5月2日

 

vol.1

乾期真っ直中、ピーカン天気にも恵まれてのスノーケルツアーでした。少し遅くなりましたが、この場を借りて体験談を
報告させていただきます。肝心のスノーケルの写真がないのですが、ご了承ください(^○^)。

ツアー内容は次の通りです。タイムテーブルは今後参加される方の参考になればと思って記載しました。
実際は海況によって随時変化するようですので、あくまで一例として捉えてください。

Tour催行: medsye
Tour guide(@スピードボート): Ben
Tour guide(@島及びクルーズ船): Ya
私たち: 夫婦と女児(2歳半)
参加者:ほとんどがファラン、タイ人で、総勢30〜40人くらいでした。Overnight組と日帰り組がmixしているので、
スタイルはそれぞれです。

●Day1 ('10/3/9)
タプラム港発(スピードボート): 8:45頃
一回目スノーケル: 10:30頃(45分間)
島(No.4)へ移動/上陸(ビーチでフリータイム): 11:15頃
島でのランチタイム: 12:00前後
Sea view bungalowへチェックイン(room #20): 13:00頃
再び乗船(クルーズ船): 14:00
二回目スノーケル: 14:30頃(1hr)
三回目スノーケル: 16:00頃(45min)
サンセットディナータイム(船上): 17:45〜
再び島へ戻る: 19:00前後

●Day2 ('10/3/10)
bungalowチェックアウト: 8:00(10:00頃でも良いと
言われていましたが...)
島での朝食: 8:00前後
フリータイム: 〜11:45(3hrs)
島でのランチ: 〜12:30
スピードボート乗船、出発: 12:45
balancing rockへ: 〜14:15(1hr)
スノーケル: 〜15:00(45min)
タプラム港着: 16:30前後
シルバーフロッグス着: 17:30頃

(まとめ)
実は乾期真っ直中の3月にSimilanの海を見るのは10年ぶりでした。ブルーのグラデーションが素晴らしいとあらためて
思いました。12月や1月のそれとは違うような気がします。一方、子どもにとっては初Similanだったので、この綺麗な色
を覚えていてくれるといいな〜などと、そんなことを思いながらのスノーケル・島滞在ツアーでした。

ツアーに何を求め、優先度を高くするのかは参加者が決めることができます。私たちは子どもがあまり疲れないこと、
退屈しないことを優先して自分たちがどうしたいかを考えました。スノーケルばかりではなく、たとえ少しでも島に滞在する
時間を長くしてよかったと思います。Siverfrongsは希望を叶えるお手伝いをしてくれますので、予約の時に自分たちの
考えていることを伝えてみてください。ある程度の自由度がこのツアーの利点ですから、是非自分なりにアレンジして
みてください。そのほうがきっと楽しくなります!!。

Next

MU:   これは何だ!?
    未熟なココナツ?!