Home

 

 

 

 

子連れ タチャイ島シュノーケリングツアー

2011年12月30日

 


雨季と乾季の狭間のこの時期、天気が不安でしたが、当日は朝からとても好い天気。これは期待できる、ってことで、
タチャイ島スノーケルに意気揚々と出かけてきました。前回同様、肝心のスノーケルの写真がありませんが、ご了承の程(^○^)。

ツアー内容は次の通りです。time tableは海況によって随時変化します。

Tour guide: Boss (guestに少しでも楽しんでもらうべく、各国の言葉を勉強している感じの熱心なガイドでした。面倒見いいし)
ボート: スピードボート
付属のもの: 器材/ドリンク/おやつ/ランチ/大きなバスタオル
私たち: 夫婦と女児(4歳3ヶ月)
参加者:日本人は我々のみ。他ファラン(おそらくロシア、ドイツ)、タイ人で、総勢25人程度。すべて日帰りです。

●'11/12/30
シルバーフロッグス発(送迎車): 7:30頃
タプラム港発: 8:40頃
タチャイ島到着: 10:15頃
一回目スノーケル: 10:30頃(45min)
島へ移動/上陸(ビーチでフリータイム、
おやつ/ランチ): 11:15〜14:20
スノーケルへボートで出発: 14:20頃
二回目スノーケル: 14:30頃(45min)
再び島へ戻る: 15:20頃
タチャイ島発: 16:00頃
タプラム港着(送迎車): 17:20頃
シルバーフロッグス着: 18:00頃

(まとめ)
 天気が良かったこともあり、海の色、ビーチの白砂も最高!!でした。シミランNo.4よりも印象良いです。ガイドや
スタッフのhospitalityは充分で、おやつ、食事とも言うことなしです。この日のタチャイ島にはボートが3艘(4艘だったかも)のみ。
ガイドによると本日の上陸総人数は120人とのこと。バージンアイランドはまだまだ健在です。すべてに余裕があるため、
小さい子供連れでもさしたるストレスなく、問題ないと思います。間違いなくお勧めできるツアーです。ただ残念だったのは、
スノーケルポイントによるのかもしれませんが、枝サンゴがほぼ壊滅状態だったこと。魚はまだ数多く見られましたが、サンゴ
の復活には長い時間を要するのではないかと思います。元気のよいサンゴは次回までお預けということに。

No.1

続く・・・


(乗船まで)
タプラム港すぐ近くにあるオフィスに集合です。さほど混み
合ってはいませんでした。受付をすませて器材を借りた後、
水やコーヒーを飲みながら待機していると、”Tachai〜”と
声がかかります。
ここでガイドBoss登場。皆を船着き場へと連れて
行きます。簡単なブリーフィングの後、いよいよ乗船。